動画編集PCの新常識 プロが教えるハイスペック機選びの秘訣!

目次

動画編集PCの選び方:性能と予算のバランス

動画編集PCの選び方:性能と予算のバランス

コストパフォーマンスと必要条件

コストパフォーマンスと必要条件を考える際、動画編集PCを選ぶにあたり、まず注目すべきはプロセッサです。

高品質な動画をスムーズに編集するためには、頻繁に更新されるソフトウェアを支える十分な速度と処理能力が求められます。

市場には多様なCPUが存在しますが、少なくともクアッドコア以上を選び、動画編集で重要なマルチタスキング性能に優れたものが望ましいでしょう。

次いで、グラフィックスカードに目を向けることが大切です。

特に、3Dモデリングやレンダリングを行う場合、強力なGPUが不可欠です。

多くのプロフェッショナルソフトウェアはグラフィックカードを利用して処理を高速化していますので、非力なカードでは作業効率が著しく下がる可能性があります。

また、ストレージに関してはSSDを選ぶことで、ファイルの読み書き速度が向上し、編集作業の快適性が格段にアップします。

動画ファイルは非常に容量が大きいため、最低でも500GB以上のSSDを搭載することを推奨します。

さらに、大容量データのバックアップのためにも、追加のHDDや外部ストレージの利用を検討すると良いでしょう。

メモリはRAM 16GB以上を目安にすることが理想的ですが、4K編集などのヘビーな作業には32GB以上を選ぶと余裕を持った編集が可能になります。

予算と必要条件のバランスを取りながら、それぞれの要素のスペックを見極めることが、ハイスペック動画編集PC選びの秘訣です。

高いパフォーマンスを求めるならば、投資を惜しまずに優れたスペックのPCを選択することが、生産性を高める近道となるでしょう。

もちろん、長期的にPCを使用する計画であれば、将来のアップグレードも視野に入れながら選ぶべきです。

各価格帯でおすすめのスペック

動画編集PCの選び方を考える際、重要なのはソフトウェアの要求に適したスペックを見極めることです。

最も基本となるのはCPUで、4K編集を行う場合は少なくとも8コア、高い快適さを求めるなら12コア以上のプロセッサーが望まれます。

一方、予算が限られている場合でも、8コアのプロセッサーは1080p編集には十分な性能を提供します。

次に、RAMは編集の複雑さに応じて重要になります。

16GBは最小限の要求ですが、より複雑なプロジェクトやマルチタスキングを考慮するなら32GB以上を見込むと良いでしょう。

グラフィックスカードは特にエフェクト処理やカラーグレーディングをスムーズに行うために必要で、NVIDIAやAMDのミドルレンジ以上のモデルが推奨されます。

ここで注意したいのは、最新のGPUは必ずしも動画編集において最高のパフォーマンスを発揮するとは限らない点です。

さらに、ストレージに関しては、SSDをシステムドライブとして使用し、大容量のHDDをデータ保管用として組み合わせることが一般的です。

作業中のプロジェクトには高速アクセスが不可欠なため、NVMe SSDを検討するのが賢明です。

購入予算に合わせて最適な動画編集PCを選び出すには、このようなスペックの要件を理解し、それぞれのコンポーネントが編集作業にどのように影響するかを考慮することが肝心です。

価格と性能のバランスを取りながら、まずは自身の編集ワークフローに必須の性能から妥協しない選択を心がけてください。

それによって、スムーズな編集経験と効率的な作業環境を実現できるでしょう。

プロセッサー選定:動画編集PCに最適なCPU

プロセッサー選定:動画編集PCに最適なCPU

コア数とクロック速度の重要性

先端の動画編集において、中核をなすプロセッサーの性能は、作業の質と効率性を大きく左右します。

特に、コア数とクロック速度は、複雑な動画編集タスクを円滑に処理する上で重要な役割を果たします。

動画編集PCにおいて、多くのコアを有するCPUは、複数の作業を同時に行うマルチタスキング環境において圧倒的な優位性を発揮します。

例えば、レンダリングプロセスやエンコード作業は、複数のコアで並行して行われるため、コア数が多ければ多いほどスピーディに完了できるのです。

一方で、クロック速度は1コア当たりの処理速度を示し、CPUが一秒間に何回の計算を行えるかを表します。

高いクロック速度を持つCPUは、一つ一つのタスクを迅速にこなし、特に単一コアに依存するタスクにおいて顕著なパフォーマンス向上が期待できます。

動画編集では、エフェクトのプレビューや一部の描画処理など、クロック速度が高い方が有利なケースも少なくありません。

動画編集に最適なPCを選ぶ際には、これらの要素を総合的に考慮して、自身が取り組むプロジェクトに適したバランスの良いCPU選びが肝心です。

今日の動画編集では、どの作業にも効率的に対応できるよう、コア数とクロック速度の両方が高性能なCPUが求められる傾向にあります。

業界トップの動画編集者たちは、このバランスを理解し、編集作業のニーズに合わせた適切なマシンを選んでいます。

次世代の動画編集環境を構築するためにも、これらの知識は不可欠なのです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41058 2414 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41007 2355 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41007 2355 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38483 2075 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38407 2046 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35411 2232 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35411 2232 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33667 2205 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33667 2205 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32445 2099 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32445 2099 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29174 2037 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28774 1967 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26962 2042 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24571 2100 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24571 2100 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22015 1947 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20307 2013 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19452 1935 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17682 1814 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16001 1776 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16001 1776 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15246 1979 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9050 1745 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9050 1745 公式 価格

AMD vs Intel:どちらが向いている?

動画編集PCの心臓部であるプロセッサーの選択は、作品の品質と生産性を直接左右します。

AMDとIntelという二大巨頭が市場をリードしていますが、それぞれのCPUには独自の特長があります。

Intelのプロセッサーは動画編集では長らく標準とされ、高い信頼性と安定したパフォーマンスが支持されています。

特に、一部のプロフェッショナル向けソフトウェアでは、Intelの統合グラフィックスを活用した高速レンダリングが可能です。

一方、AMDのRyzenシリーズはコストパフォーマンスに優れ、多数のコアを搭載したモデルではマルチタスク処理に長けています。

動画編集では、特にエンコーディングやエフェクトの適用など複数の処理を同時に行うことが多いため、この多コアは非常に魅力的です。

また、AMDはプロセッサー内でのデータ転送速度を高めるInfinity Fabricという技術を採用しており、一連の処理をよりスムーズに行うことができます。

価格帯や必要な機能、ソフトウェアとの互換性を踏まえた上で、個々の編集者のニーズに合わせて適切な選択をすることが不可欠です。

最新のゲームや動画編集を行う際には、特にプロセッサーの選定においては、今後のアップデートや支援技術にも目を向けることで、将来的な拡張性と柔軟性を確保できるでしょう。

動画編集のワークフローをスムーズにするためには、単にスペックだけでなく、動画編集ソフトウェアとの相性も重要なポイントになるのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA
【ZEFT Z48AHA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KJ
【ZEFT Z46KJ スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

ゲーマーの心を掴む、高性能で均整の取れたこのゲーミングPC
群を抜く64GBメモリと先進のRTX 4060Ti、新たなゲーム体験をコミット
白く輝くNZXTケース、熱い戦いもクールダウンさせるH7 Flow RGBマシン
多くを要求されるタスクにも余裕のCore i7-14700KFを搭載したこのPC

【ZEFT Z45AGD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

ヘビーユーザーを魅了する高性能ゲーミングPC、集中力を高めるサイレント設計で戦場を制圧!
32GBメモリと1TB高速SSD、バランス良いパワーでゲームも作業もスムーズに応答
ホワイト塗装のクリーンなデザイン、内部のRGBが輝くクリアパネルで美しさも冷却性能も両立
Core i7 14700搭載、マルチタスクでもスムーズな応答性で作業効率アップ

【ZEFT Z47BL スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

ゲームも仕事もこれ一台、信頼のパフォーマンスを発揮する高機能モデル
速さと美しさ、どちらも叶える16GBメモリと1TBの迅速SSDの極上の調和
イルミネーションで魅せるFractalのスタイリッシュなミドルタワー
多才なi7世代のパワー、跳ね上がる処理速度

【ZEFT Z47AMFR スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

グラフィックス能力:GPUの選び方

グラフィックス能力:GPUの選び方

専用グラフィックスと統合グラフィックスの違い

動画編集用PCの心臓部とも言えるグラフィックス能力において、一つの分岐点となるのが専用グラフィックスカード(GPU)と統合グラフィックスの選択です。

専用グラフィックスはその名の通り、グラフィック処理専門の追加ハードウェアで、ビデオゲームや3Dモデリング、そしてもちろん高解像度の動画編集に至るまで、大量のデータをスムーズに処理するために設計されています。

その一方で、統合グラフィックスはプロセッサに内蔵されており、別途のハードウェアが不要でコストを抑えられるというメリットがありますが、処理能力は専用グラフィックスに比べて劣ります。

特に動画編集では、高解像度のファイルを取り扱ったり、複雑なエフェクトをリアルタイムでプレビューするために、強力なグラフィック能力が求められます。

専用グラフィックスを選ぶことで、快適な編集作業を実現し、タイムラインのスクラブやレンダリング時間の短縮など、創作の幅が確実に広がります。

もちろん、動画編集に特化しない一般的な用途や、ある程度までの軽い編集作業であれば、統合グラフィックスで十分な場合もありますが、プロの領域に踏み込む場合には、専用グラフィックスのパワーが真の意味で活きてくるのです。

編集作業のスムーズさは、作品のクオリティに直結します。

適切なグラフィックスカード選びは、創造的なプロセスを止めないための重要なステップと言えるでしょう。

そう考えると、専用グラフィックスを選んだその瞬間から、より高品質な動画作品を生み出す礎を築くことに他なりません。

動画編集におけるGPUの影響

動画編集におけるGPUの影響は非常に大きく、その選び方は編集作業の効率とクオリティに直接的に関わっています。

GPU、またはグラフィックス処理ユニットは、動画のレンダリングやエフェクト処理、トランジションの生成など、ビジュアルに関する重計算作業を担当するため、動画編集PCにおいては心臓部とも言える重要なコンポーネントです。

特に高解像度の映像や3Dグラフィックスの扱い、複雑なエフェクト適用において、GPUの性能が優れているほど、スムーズな編集体験が得られます。

素早いプレビュー更新とタイムライン上での快適な操作性は、GPUが提供するパワーによって飛躍的に向上します。

4K動画をはじめとするハイビットレートのメディアファイルを扱う際にも、強力なグラフィックス能力があれば、プレビューやエンコーディングの時間を大幅に短縮することができるため、制作のスピードアップに大きく貢献するのです。

さらに、現代の動画編集ソフトウェアはGPUの計算力を活用して、実時間でのカラーコレクション、ノイズリダクション、そして高度な視覚効果を実現しています。

また、GPUは複数のディスプレイ出力をサポートし、大量のビデオトラックやエフェクトを同時に処理できるため、クリエイターには大きな画面領域と作業効率の向上をもたらします。

エンコーディングやエクスポート時においても、強力なグラフィックスカードはプロセスを高速化し、動画編集者がより多くのプロジェクトを短時間で処理することを可能にします。

高スペックなGPUの選択は、動画編集作業の軽減とクリエイティブな可能性の拡大に直結しており、そのためには最新かつ高性能なモデルを選定することが肝心です。

高精細な動画を効率よく、しかもストレスなく編集し続けるためには、ぜひGPU選びに注目し、その性能を最大限に引き出せる機種を選ぶことが推奨されます。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36050 73997 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29978 73293 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29028 68213 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26075 67394 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23645 55549 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19855 50392 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19168 51039 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17905 45803 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16929 42374 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13412 34550 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13411 34998 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13295 34367 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12419 30328 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10787 31685 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10617 28534 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10608 27454 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7309 19587 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6249 16014 130W 公式 価格

メモリとストレージ:動画編集PCの快適な作業環境

メモリとストレージ:動画編集PCの快適な作業環境

必要なメモリ容量と種類

動画編集PCにおけるメモリ容量は、スムーズな作業遂行に欠かせない要素です。

高解像度や長時間の映像を扱う際には、相応のデータ量を瞬時に処理する能力が求められます。

16GBを最低ラインと捉える向きもありますが、4K編集や複数の映像を同時処理する場合、32GB以上を推奨します。

さらに先進的な8K編集や3Dモデリングを伴う作業には、64GBやそれ以上のメモリが理想的であるといえるでしょう。

次にメモリの種類に注目しますが、動画編集のためのPCにはDDR4やDDR5といった最新の規格のものを選ぶと良いでしょう。

これらは高速でデータ転送を行うことが可能で、空前の編集スピードを可能にします。

特に、DDR5は今後のメインストリームになると予想されており、現在でもその性能の高さを体感できる方々が増えています。

映像作品における緻密なタイミングや複雑なエフェクトの処理において、このメモリの優れた性能が光る瞬間が多々あるのです。

ストレージに関しては、作業データのロード速度を最優先に考え、SSDの採用が勧められます。

NVMe M.2インターフェースを搭載したSSDならば、さらに高速なデータアクセスが期待できます。

大容量データの保存には、追加でHDDを組み合わせるという方法も有効な戦略です。

これにより、撮影したばかりの映像素材から完成した作品まで、速度と容量のバランスを保ちながら効率的な動画編集作業が実現するでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA
【ZEFT Z48AHA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KJ
【ZEFT Z46KJ スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

ゲーマーの心を掴む、高性能で均整の取れたこのゲーミングPC
群を抜く64GBメモリと先進のRTX 4060Ti、新たなゲーム体験をコミット
白く輝くNZXTケース、熱い戦いもクールダウンさせるH7 Flow RGBマシン
多くを要求されるタスクにも余裕のCore i7-14700KFを搭載したこのPC

【ZEFT Z45AGD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

ヘビーユーザーを魅了する高性能ゲーミングPC、集中力を高めるサイレント設計で戦場を制圧!
32GBメモリと1TB高速SSD、バランス良いパワーでゲームも作業もスムーズに応答
ホワイト塗装のクリーンなデザイン、内部のRGBが輝くクリアパネルで美しさも冷却性能も両立
Core i7 14700搭載、マルチタスクでもスムーズな応答性で作業効率アップ

【ZEFT Z47BL スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

ゲームも仕事もこれ一台、信頼のパフォーマンスを発揮する高機能モデル
速さと美しさ、どちらも叶える16GBメモリと1TBの迅速SSDの極上の調和
イルミネーションで魅せるFractalのスタイリッシュなミドルタワー
多才なi7世代のパワー、跳ね上がる処理速度

【ZEFT Z47AMFR スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

SSDかHDDか:速度と容量の選択

動画編集PCと聞けば、心躍るのは編集のクリエイティブな楽しみだけでなく、そのための快適な作業環境の構築も同じ程度に重要だと言えるでしょう。

特にメモリとストレージは、その快適さを大いに左右する要素です。

動画編集の場で適切なストレージタイプを選定するには、SSDとHDDの特性を理解し、速度と容量のバランスを見極めることが肝心です。

SSDはその高速な読み書き速度で、編集作業中のレスポンス向上に大きく貢献します。

大容量の動画ファイルを扱う際や高解像度の映像を編集する場合に、その違いは歴然として現れます。

リアルタイムでの再生やファイルの書き出しがスムーズに行えるため、ストレスフリーな作業が可能となり、創造力の流れを阻害することがありません。

対照的に、HDDはSSDよりも遅い読み書き速度が難点ですが、一般に高容量が手頃な価格で提供されるため、大量の映像素材を保管するのに適しています。

編集作業の効率を真剣に追求するならば、速度を優先したSSDをシステムドライブとして採用し、同時に賢く大容量のHDDをストレージ用として組み合わせることがベストプラクティスです。

こうすることで、作業中の快適さを損なうことなく、長期的なデータ管理も見据えたシステムが構築可能です。

動画編集PCを選ぶ際は、ただ単にスペックを追求するのではなく、こうした速度と容量のバランスを考慮し、自身の編集スタイルに最適なストレージ構成を選択することが成功への近道と言えるでしょう。


解像度と色域:モニターの選定ポイント

解像度と色域:モニターの選定ポイント

動画編集に適したモニターのスペック

動画編集に適したモニターのスペック選びは、緻密な作品を創り上げる上で切っても切り離せない要素です。

最適なモニターを選ぶ際、注目すべきは解像度と色域の二つのポイントです。

高解像度は細部のディテールを見落とさず、正確な編集を可能にします。

一般的には、フルHD以上である1080p、あるいは更に細かな編集作業には4K解像度が求められます。

一方、色域においては、広い範囲の色を正確に再現できる能力が求められます。

これはsRGBカバレッジが100%に近い、あるいはAdobe RGBやDCI-P3などのより広範な色域をカバーするモニターを選ぶことによって達成されます。

これにより、撮影された映像の色を忠実に編集することができ、視聴者にとっても本物に近い色彩体験を提供することが可能です。

加えて、モニターは編集中の画像の明るさやコントラストを正確に評価するためにも重要です。

モニターの明るさは最低でも300cd/m2が望ましいですが、HDR対応で更なるダイナミックレンジを求めるならば、さらに高い輝度を備えたモニターが必要です。

このように、動画編集用モニター選びにおいては、ハイ解像度と広い色域を備えたディスプレイが、品質の高いコンテンツ制作に不可欠であり、それらの特性を十分に理解し慎重に選択することが何よりも重要と言えるでしょう。

カラーマネジメントに役立つモニター特性

動画編集を本格的に行う際には、モニター選びが非常に重要です。

色の再現性と精度を高めるため、sRGBやAdobe RGBなどの広い色域をカバーするディスプレイの選定が欠かせません。

特にプロレベルの編集作業では、色彩が忠実に表現されていることで、細部まで緻密な色調整が可能となります。

また、モニターの解像度も大きなポイントです。

4K解像度のモニターは、細かいディテールの調整がしやすく、編集中の映像をよりリアルにプレビューできるため、編集の質を高めることができます。

カラーマネジメントにおいては、モニターの特性を理解し、それを活かすことが非常に重要です。

例えば、モニターが色をどの程度正確に表現できるかを示す色精度や、同じ色を長期間にわたって一定に保つ色の均一性と安定性などです。

これらは、最終的な動画作品が意図した色で表示されるかどうかを左右します。

プロフェッショナルな動画編集では、校正を行いながら最適なモニター設定を見つけることも一つの大きなステップです。

モニターの校正には専門のツールを使用し、色の表示が標準に沿っていることを確認します。

これにより、作品がどの環境でも同じように見えるように配慮がなされます。

最終的な動画のクオリティは、これらのモニター特性を総合的に考慮して最適化された環境での編集作業によって大きく左右されます。

動画編集用PCを選ぶ際は、これらモニターの特性を念頭に置きながら、自身の編集ワークフローに合致するモデルを見極めることが肝心です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

拡張性と互換性:将来を見据えたPC構成

拡張性と互換性:将来を見据えたPC構成

アップグレード可能なPCの重要性

アップグレード可能なPCの重要性は、動画編集の分野においては特に高く評価されています。

動画編集作業は時に膨大なデータ処理能力を要求しますが、技術の進化は日々目覚ましく、今日十分なスペックを持っていても、明日には新たな要求に追いつかなくなる恐れがあります。

そのため、将来的なスペックアップが見込めるPCの選択は、長期にわたって賢明な投資となり得るのです。

特に注意すべきポイントは、CPU、メモリ、ストレージで、これらは動画編集のパフォーマンスに直結します。

CPUソケットが最新の規格に対応しているか、また、メモリスロットが余裕を持って搭載されていること、さらには、将来性を考えたストレージの拡張性も確認しておくことが大切です。

これにより、必要に応じて簡単にメモリ増設や高速なSSDへの交換が可能となり、継続的な作業効率の向上が図れます。

また、動画編集ではグラフィック性能が非常に重要とされており、GPUのアップグレードは将来を見据えた選択肢と言えます。

脇に生えるようなスムーズさで、最新のグラフィックカードに対応するための万全なチェックも忘れてはなりません。

多くの動画編集ソフトウェアはGPUのパワーを利用して高速化を実現しているため、後からでもGPUsの性能を向上させることで、重たい動画編集作業を快適に行うことができます。

将来を見据えたPC構成では、これらのハードウェア的な要素だけでなく、互換性のある周辺機器、効率的な熱管理システム、静音性も重要な考慮事項です。

エンコードなど負荷の高い作業を長時間行う場合には、冷却能力が高く、かつ静かな稼働を保つPCケースやファンの選択も重要となります。

これら全ての要素が揃ったPC選びを行うことで、長時間にわたる集中的な動画編集作業を、快適かつ効率的に行うための環境構築が可能となるのです。

周辺機器との接続性を考慮する

動画編集PCを選ぶ際、最先端の性能に注目しがちですが、周辺機器との接続性も見逃せません。

将来的には、さらに高性能なデバイスが市場に出てくることを想定し、ハイスペックPCとのシームレスな連携が求められます。

例えば、4Kや8Kの大容量映像ファイルを扱う場合、高速なデータ転送が可能なUSB Type-CやThunderbolt 3といったポートが重要です。

これらのポートを搭載したPCは、外部ストレージやディスプレイとの高速なデータ転送が可能で、作業効率の大幅な向上を実現します。

また、無線接続技術も進化を遂げており、最新のWi-Fi 6や将来のWi-Fi 7への対応を見越した選択も肝要です。

これにより、ワイヤレスでの動画データのアップロードやダウンロードが迅速に行え、柔軟なワークスペースを確保することができます。

さらに重要なのは、これらのポートや無線規格が進化しても、互換性を保つことが可能な設計がされているかどうかです。

将来周辺機器が更新されたとしても、新旧のデバイスが無駄にならずに済むよう、拡張カードやアダプターなどを介して容易にアップグレードができるよう配慮されたPCが望ましいです。

こうした点に注意を払いながら、周辺機器との互換性と拡張性にも目を向けることが、長期にわたって創造性を発揮し続けるための秘訣です。

高性能な動画編集PC選びは、ただ最新のスペックを追うのではなく、将来の変化にも対応できる柔軟性を含んだ選択が重要となります。

冷却性能:長時間作業に耐えるPC設計

冷却性能:長時間作業に耐えるPC設計

動画編集時の熱問題と冷却ソリューション

動画編集時の熱問題は、高い処理能力を持つPCでも、避けて通れない道です。

長時間のレンダリングやエフェクト処理はCPUやGPUに相当な負荷をかけ、これが熱の発生につながります。

熱が蓄積すると、パフォーマンスの低下やハードウェアの故障リスクが高まりますが、これを解決するためには、適切な冷却ソリューションが必須となります。

PCの冷却には大きく二つのアプローチがあります。

第一に、エアクーリングシステムです。

これはファンを使用して内部の熱気を外に排出し、新鮮な空気を取り込む方法です。

優れたエアフローデザインは、熱のこもりやすい部位に直接風を送り込むことができ、効率的な冷却を促進します。

第二に、水冷システムが挙げられます。

こちらは液体を循環させることにより、熱を効果的に部品から遠ざけます。

特に高負荷時において水冷システムはその真価を発揮し、静音性に優れる点も多くのプロフェッショナルから支持されています。

実際に動画編集PCを選ぶ際には、これらの冷却システムを搭載していることを確認し、熱対策がしっかりと施されている機種を選ぶことが重要です。

さらに、ケース内部の空間が十分にあり、空気の流れがスムーズであること、そして熱を効率よく逃がすためのヒートシンクの質にも注目する必要があります。

これらを踏まえたPC選びにより、長時間の動画編集作業も安心して取り組むことができるでしょう。

優れた冷却ソリューションは、動画編集のクオリティを保ちながら、長期的なパフォーマンスの安定にも寄与します。

まさに、ハイスペック動画編集PCを選ぶ上で欠かせない要素と言えるでしょう。

効率的なエアフロー設計の重要性

動画編集においては、PCのパフォーマンスを持続させる要素の一つが冷却性能です。

ハイスペックな作業を行うPCでは、パーツが発する熱を効率良く排出し、システムを常に最適な温度で稼働させる必要があります。

ここで重要になるのが、エアフロー設計です。

エアフローとは、PC内部を空気が流れる経路のことで、この設計が効率的でなければ、熱がこもり、PCの性能低下や寿命の短縮を招きかねません。

PCケース内のエアフローは、冷卒した空気がフロントから取り入れられ、熱を受けた空気がリアやトップから排出される構造が一般的です。

ところが、高性能なビデオカードやCPUには大量の熱が発生するため、これらのコンポーネント周りで空気の流れを最適化することが肝心です。

例えば、PCケースのフロントやサイドにメッシュの採用、ファンの配置を最適化し、排熱効率を高めることができます。

さらに、ヒートシンクや水冷システムなどの冷却パーツ自体の性能も重要ですが、それらが効果を十分に発揮するためには、エアフロー設計が不可欠なのです。

全体の冷却効率を高めることで、動画編集作業時のプロセッサのクロック速度を維持しつつ、システムの安定性や耐久性を守ることが可能となります。

適切なエアフロー設計は、長時間にわたる厳しい動画編集作業も余裕をもってこなせるPC環境の基盤となるのです。

高い冷却性能を持つPCは、動画編集のプロにとって欠かせないパートナーと言えるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA
【ZEFT Z48AHA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KJ
【ZEFT Z46KJ スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z46KJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

ゲーマーの心を掴む、高性能で均整の取れたこのゲーミングPC
群を抜く64GBメモリと先進のRTX 4060Ti、新たなゲーム体験をコミット
白く輝くNZXTケース、熱い戦いもクールダウンさせるH7 Flow RGBマシン
多くを要求されるタスクにも余裕のCore i7-14700KFを搭載したこのPC

【ZEFT Z45AGD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AGD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

ヘビーユーザーを魅了する高性能ゲーミングPC、集中力を高めるサイレント設計で戦場を制圧!
32GBメモリと1TB高速SSD、バランス良いパワーでゲームも作業もスムーズに応答
ホワイト塗装のクリーンなデザイン、内部のRGBが輝くクリアパネルで美しさも冷却性能も両立
Core i7 14700搭載、マルチタスクでもスムーズな応答性で作業効率アップ

【ZEFT Z47BL スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

ゲームも仕事もこれ一台、信頼のパフォーマンスを発揮する高機能モデル
速さと美しさ、どちらも叶える16GBメモリと1TBの迅速SSDの極上の調和
イルミネーションで魅せるFractalのスタイリッシュなミドルタワー
多才なi7世代のパワー、跳ね上がる処理速度

【ZEFT Z47AMFR スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMFR

サイレント性:作業環境を保つ静かなPC

サイレント性:作業環境を保つ静かなPC

低騒音PCの選び方と重要な要素

動画編集に没頭するためには、PCの騒音は思わぬ中断の原因となります。

そこで低騒音PCの選び方が重要となり、まず考慮すべきは冷却システムです。

特に動画編集では高負荷がかかるため、静かかつ効率的な冷却ファンやヒートシンクを選ぶことが重要です。

液体冷却システムも一つの選択肢であり、ファン使用時よりも低騒音で高い冷却効果が期待できます。

次に、騒音を発生させる原因となるハードディスクですが、SSD(ソリッドステートドライブ)はHDD(ハードディスクドライブ)に比べて稼働時の騒音がほとんどありません。

動画編集では大量のデータを扱うため、速度と静粛性を兼ね備えたSSDが最適です。

さらに、PCケースの選択も騒音低減に直結します。

騒音を抑えるために内部に吸音材を施した静音仕様のケースや、振動を吸収する設計のものを選びましょう。

配線の工夫で内部の空気流をスムーズにすることも、ファンの負荷低減につながります。

最後に、高性能なコンポーネントを選ぶことで、PCの負荷を分散し、ファンが高速で回ることを防ぐことが出来ます。

特に、CPUとグラフィックスカードは動画編集時の性能と騒音に大きく影響するため、パフォーマンスに見合ったものを選ぶことが静音性に繋がります。

これらの点を意識して選ぶことで、集中力を途切れさせずに快適な動画編集環境を実現することが可能です。

静かな作業環境はクリエイティブな作業を支える重要な要素となりますので、ぜひ低騒音PC選びにお役立てください。


サイレントケースやファンの利点

サイレントケースやファンの利点とは、実は単に音が静かというだけに留まらないメリットがあります。

動画編集の際には、集中力が要求される繊細な作業を長時間にわたって行います。

この時、常に背景に存在するPCからの騒音は、編集作業の質の低下を招く可能性があるのです。

静音性を重視したサイレントケースやファンの採用は、このようなノイズを最小限に抑え、クリエーターが作業に没入できる環境を提供する重要な要素となります。

特にサイレントケースについては、その設計が吸音材の使用や、エアフローの最適化、振動を抑える構造に配慮されており、動作中のドライブやファンからの微細な音を効果的に遮断します。

一方、高品質な静音ファンは、冷却効率と静寂さが両立した設計になっているため、高負荷時でもシステムの冷却を確保しつつ駆動音を極力抑えることができます。

これらの静かなPCコンポーネントの使用は、ただ快適な作業環境を整えるだけでなく、編集において最高のパフォーマンスを発揮するための基盤を築くことにもつながります。

作業のクオリティを高めるためにも、動画編集用PCの選択においてはサイレント性能にも注目して、クリエーターへの礼儀とも言える快適な編集環境の実現を心がけることが非常に重要です。

動画編集PCの定番モデルとカスタムビルド

動画編集PCの定番モデルとカスタムビルド

市販の定番動画編集PCとそのメリット

動画編集PCの中で特に評価が高いのは、その使用のしやすさと信頼性に他なりません。

市販されている定番モデルの魅力として、初心者からプロフェッショナルまで、幅広いユーザーのニーズに応えることができる点が挙げられます。

たとえば、AppleのiMac ProやMacBook Pro、MicrosoftのSurface Studio 2、DellのXPSシリーズなどは、動画編集に頻繁に推奨される機種です。

これら市販の動画編集PCは、高い性能と安定した動作を兼ね備えています。

優れたグラフィックスカード、迅速なプロセッサ、豊富なメモリ容量が標準装備されることが多く、重厚な動画編集ソフトウェアもスムーズに扱うことが可能です。

また、美しいディスプレイは、色彩を忠実に再現し、細部の編集がしやすい環境を提供してくれます。

さらにメリットとして、幅広いアフターサービスが提供されることも大きな魅力です。

メーカー保証はもとより、幅広いサポート体制が整っているため、万が一のトラブルにも素早く対応を得ることができます。

一方で、カスタムビルドPCには自身でスペックを柔軟に決定できる自由度があるものの、その組み立てやセットアップにはある程度の知識と経験が必要とされます。

市販の動画編集PCは、購入後すぐに作業に取りかかることができる手軽さも魅力の一つです。

プラグ・アンド・プレイの利便性は、特にタイトなスケジュールで作業を進める必要があるプロフェッショナルにとって、大いに頼りになる存在と言えるでしょう。

カスタムビルドの利点と自分に合った選び方

カスタムビルドのPCは、動画編集のニーズに応じて部品を選定し、最適化された環境を構築することができます。

特にプロの編集者にとって、この自由度は圧倒的な利点となります。

既成のPCモデルが一般的に提供するもの以上の性能や拡張性を要する場合、カスタムビルドは理想的なソリューションです。

例えば、高解像度の映像をスムーズに扱うためには、強力なグラフィックカードや複数の高速SSDをRAID構成にするなど、独自の要求に応じたカスタマイズが可能です。

カスタムビルドでは、将来的なアップグレードの余地も考慮しておくことが重要です。

動画編集ソフトウェアのアップデートや新しいフォーマットのサポートが必要になると、システムの要件が変わることがあります。

そのため、最初から余裕を持った電源ユニットや拡張スロットを選んでおくといった前向きな判断が求められます。

適切なカスタムビルドPCを選ぶには、まずは使用するソフトウェアのシステム要件をよく理解し、それを基準に必要なコンポーネントを選定することが大切です。

また、信頼性の高い部品を選ぶことにより、長時間の作業においても安定したパフォーマンスを保つことができます。

さらに、熱管理も重要な要素であり、適切な冷却システムを導入することで、高負荷時のパフォーマンスを持続させます。

効率的な動画編集を実現するためには、自分の作業フローを熟慮し、それに合ったカスタムビルドPCを組み立てることが最適な道であるといえるでしょう。

品質の高いパーツ選びと将来を見越した構成が、プロの編集者にとって欠かせないポイントです。

あわせて読みたい

ゲーミングデスクトップPCバイブル 職種別パーフェクトマッチ選定ガイド

静音PC探求道

音楽制作PC選びの科学 DAWのパフォーマンスを最適化するコツ

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCの寿命を知ることが長く使う秘訣

ゲーミングPC探訪

インフルエンサー向け! Youtubeで成功するおすすめPCガイド

BTOゲーミングPCランキング

パソコン老化診断! 寿命をチェックするための完全ガイド

BTOパソコンはBuild To Orderの略

スペックから割り出す! パソコン選びの黄金比とは?

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

タスク達人の選ぶ! おすすめの仕事向けパソコン2024

BTOゲーミングPCランキング

動画編集の鬼になれ! 映像クリエイターのためのパソコン最強構成

BTOパソコンはBuild To Orderの略

初心者必見! 動画編集におすすめのPC選び方

静音PC探求道

パソコン選び方の真髄! おすすめモデルでスマート選択

ゲーミングPC探訪

映像クリエイターの夢を実現させるパソコン選び完全マスタープラン

ちょっとええゲーミングPC

ゲーミングPCでVRの限界に挑戦! 性能別おすすめモデル

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

YouTube用にカスタマイズ! パワフルなおすすめPC構成

静音PC探求道

さあ飛び込めデジタルアート! WEBデザイナー必携のおすすめパソコン

BTOゲーミングPCランキング

ゲームチェンジャー 生成AIを見据えたおすすめPC紹介

BTOパソコンはBuild To Orderの略

音楽制作PCとDAWの相性チェックリスト 完璧なセットアップを目指して

ゲーミングPC探訪

おすすめビデオ編集PCトップ10 最新モデルレビュー

静音PC探求道

ゲーム実況で快適プレイ! おすすめPC性能チェックリスト

BTOパソコンはBuild To Orderの略

動画制作者のためのスペックマッチ 最速パソコン選定術

ちょっとええゲーミングPC

グラフィック重視のゲーム用パソコン選び! 必見のポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

ゲーミングPCパーフェクト選択術 職種を極める最適仕様ガイド

BTOゲーミングPCランキング

学業から趣味まで! 大学生向けおすすめパソコンの完全リスト

ゲーミングPC探訪

おすすめビデオ編集PCランキング プロのための高性能機種比較

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ビジュアルプロフェッショナルのためのクリエイターPCおすすめリスト

静音PC探求道

RTX4070 SUPER搭載! おすすめゲーミングPCの選定ポイント

BTOメーカー口コミ評判比較NAVI

VRエクスペリエンス向上計画 最強ゲーミングPC集結

ちょっとええゲーミングPC

RTX4070Ti SUPER 次世代ゲームを支えるゲーミングPC選択指南

静音PC探求道

ビジネスアナリストのおすすめ「AI PC」 データ分析を加速

BTOゲーミングPCランキング

ゲーム配信PC選び スペック優先の究極マシン選定術

BTOパソコンはBuild To Orderの略

ゲーミングから仕事用まで! Windows PCスペック完全攻略

ちょっとええゲーミングPC

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次